外反母趾の原因・症状・手術・対策のTOPに戻る
「外反母趾の原因・症状・手術・対策」トップ >  外反母趾の矯正方法 > 外反母趾の矯正〜サポーターの種類〜

外反母趾の矯正〜サポーターの種類〜

外反母趾の矯正にサポーターはとても有効ですが、ひとくちにサポーターと言っても、種類は豊富です。どれが自分に合うのか、迷ってしまうほどです。とはいえ、まずは試してみることが大事です。仮に合わないサポーターを使ってしまっても、薬のような重篤な副作用はないので、それほど神経質になることはないでしょう。

外反母趾の矯正用に使われているサポーターで、比較的人気のあるサポーターは、ソルボという人工筋肉を使用したサポーターでしょう。ネット検索でも常に上位に表示されているので、ご存知の方も多いはず。そこで、このソルボを使ったサポーターの特徴を見てみましょう。

外反母趾の初期に使う「薄型」サポーター
ソックスのように手軽にはける薄型サポーターは、外反母趾の初期症状に最適とされています。シームレス素材によって中足靭帯を程よい力でサポートし、痛みを軽減するので、靴を履いて出歩く際にも利用できます。比較的長時間の使用に耐えます。最近のサポーターは、ニオイやムレをおさえる作用もあり、人中でも安心です。

外反母趾がやや進行してから使う「固定型」サポーター
そもそも外反母趾は、中足靭帯がゆるむことで親指(母趾)が変形してしまうのですが、このゆるんだ中足をベルトでがっちり固定し、中足靭帯をサポートするのが、「固定型」サポーターです。ソルボ製の中足パッドが、親指の付け根と中足にかかる体重や、踏み込んだ際の圧力を分散するので、痛みを緩和してくれます。最近のサポーターの中には、保温効果を持つものもあります。

繰り返しますが、外反母趾矯正用のサポーターは、実に種類が豊富です。このことは、いかに多くの人が外反母趾に悩まされているかを物語っています。いずれにしても、サポーター装着は、いくつかある矯正方法のひとつであり、これさえしておけばあとは何もする必要がない、と考えるのは間違いです。

外反母趾は、たとえ手術しても、ほとんどのケースで再発してしまう、とても厄介な障害です。外反母趾を矯正していくには、正しい歩き方をする、足裏・足指に筋肉をつける、足指の関節の可動範囲を広げる、とにかく足・足指・足裏を動かす生活をする、といったことを習慣化させることが最も重要です。当サイトの別の項目には、予防運動も紹介しているので、ぜひこれらを参考にしていただき、充実した毎日を過ごしてください。


【楽天】外反母趾対策グッズベスト3

★第1位


★第2位


★第3位

関連コンテンツ

外反母趾の矯正〜包帯療法〜

外反母趾の矯正〜包帯療法〜についてやさしく解説します。 外反母趾の矯正方法としてテーピングというのは有名ですが、どんなテープを使うかというと、外反母趾用に作られた専用のテープです。普通の包帯を併・・・

外反母趾の矯正方法

外反母趾の矯正方法についてやさしく解説いたします。 代表的な外反母趾矯正方法として、テーピング(包帯を巻く)があります。これは、慣れれば自分でもできますが、やはり、最初は病院・クリニックでや・・・