外反母趾の原因・症状・手術・対策のTOPに戻る

外反母趾の矯正方法

外反母趾の矯正方法についてやさしく解説いたします。

代表的な外反母趾矯正方法として、テーピング(包帯を巻く)があります。これは、慣れれば自分でもできますが、やはり、最初は病院・クリニックでやってもらうといいでしょう。外反母趾の進行状況に応じて、テーピングの方法にもさまざまなものがあるので、巻きつけるところをよく観察し、疑問点は質問するようにして、テーピングの方法を身につけていきましょう。比較的初期の矯正方法として、テーピングはとても有効です。
サポーターも代表的な矯正器具です。これも実に様々な種類があります。ただ、あれこれ迷っていても仕方がないので、これはと思うものがあったら、まず試してみることが肝心。薬のような副作用はないので、あまり慎重にならずに、ダメだったら、別のものにすればいいのです。外反母趾のサポーターは、人によっては非常に高い効果を上げています。
靴も、外反母趾の矯正器具といえるでしょう。外反母趾の靴選びは、とても重要であり、また、有効性の高いものでもあります。矯正のための道具なので、当然、経験豊富な靴屋さんを選ぶべきです。値段は少々張るでしょうが、自分への投資ですから、やむを得ないところです。逆に言うと、あまり安いものは、ちょっと敬遠しておいたほうがいいかもしれません。あなたの外反母趾がどの程度のもので、どこを主として保護すべきかをカスタマイズして作るのですから、安すぎるのは、かえって不安ですから。
外反母趾の矯正方法として、一番手軽で、お金もかからない方法があります。それは、自宅でする予防運動です。予防といっても、すでに外反母趾になっている人にも有効です。外反母趾になる要因は様々ありますが、共通しているのは、足の裏、足の指などをあまり動かさない生活をしている、そうした部分の筋力が弱っている、という点でしょう。したがって、毎日ちょっとした運動をし、これを長く継続することで、外反母趾の進行を止めることも可能です。矯正のための予防運動のやり方は、当サイトの記事を参照してください。

さて、以上、外反母趾の矯正方法についてみてきましたが、これらは、どれかひつとだけやればいい、というものではなく、たとえば、い陵祝姫親阿覆匹蓮↓´↓と常時平行して行うべきものです。

外反母趾は、集中して矯正治療すれば、それですっかり快方に向かい、あとは何もしなくていい、というものではありません。これから長く付き合っていくものと覚悟すべきです。ただ、人間には「習慣化」という武器があります(平たく言うと、「何にでも慣れる」、ということです)。上記の矯正方法も、最初は戸惑うかもしれませんが、毎日の習慣として定着すると、本人にとってそれほど負担感なく生活できるものです。したがって、早くそうした生活に慣れ、充実した毎日を送っていきましょう。

【楽天】外反母趾対策グッズベスト3

★第1位


★第2位


★第3位

関連コンテンツ

外反母趾の矯正〜サポーターの種類〜

外反母趾の矯正にサポーターはとても有効ですが、ひとくちにサポーターと言っても、種類は豊富です。どれが自分に合うのか、迷ってしまうほどです。とはいえ、まずは試してみることが大事です。仮に合わないサポータ・・・

外反母趾の矯正〜包帯療法〜

外反母趾の矯正〜包帯療法〜についてやさしく解説します。 外反母趾の矯正方法としてテーピングというのは有名ですが、どんなテープを使うかというと、外反母趾用に作られた専用のテープです。普通の包帯を併・・・